27c90301ef4fc4fea4aa3572fea0f784
Little Darling アメリカのおうちごはん

2017年 今年もアメリカでおせち料理

2017/01/11 06:12 イベント くらし 家族

あけましておめでとうございます。


今年もアメリカでおせち料理を作りました。


昨年クリスマスの翌日から風邪をこじらしてしまい、

結局31日の午後まで ほとんど使いものにならない人な状態でした。

それでも、年末には、毎年お友達に黒豆とつきたてのお餅を分けているので、

寝ているわけにはいかず、頑張りました。

今年の正月料理を作る上で 何よりうれしかったのは

昨年実家から持ち帰ったかつお削り器が手元にあったことです。

これについては後日詳しく 語りますね(笑)。

小学生の私がおねだりして買ってもらった、とてもふる~いものです。


29日の夜から用意してあった黒豆。くぎは使わず、南部鉄器の鉄鍋でことこと煮ます。

今年は 北海道産の大粒でした。

毎年使っている 丹波篠山の大粒丹波黒豆が買えなかったので がっかりしていましたが、なかなか大きな美しい豆でした。

広島では勝栗を最後に入れて縁起担ぎをします。

最初から入れてしまうと真っ黒になってしまうので、最後の頃に入れます。


年越し蕎麦は 天ぷらそば。

早朝に録画しておいた「紅白歌合戦」をみながらいただきました。

星野源の「恋」を数回リピートして恋ダンスを踊ったり、

ピコ太郎に呆れたり(笑)。

そして なんとか迎えた元日。お重を詰めて 手巻きようにお刺身を切って。

そしてお雑煮づくり。

左の透明で黄金に輝くかつおだしは、かつお節削り器で削ったかつおから取ったもの。こんなに美しいだしができてしまうんです!


もちろんお雑煮は広島風 「かき雑煮」


光輝く黒豆には 日本から取り寄せた金沢の金箔を乗せて


昨年は、めまいがして2日前に入院していた広島の病院で

考えられない事故に遭い、父が急逝しました。

人生について、命についていろいろ考える時間が持てました。

今年は、後悔することなく自分の人生を

一生懸命そして 心置きなく過ごしたいと思います。


そして これからもそうだったように家族を一番に考え、

何が自分で残せるか、次の世代に何が伝えられるかを念頭に置きながら

毎日を生きたいと思ってます。

よろしくお願いします。


クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください